プレスリリース に戻る

岩手県立大学による「enPIT」夏期集中講座へ日本ライフレイも協力参加

2018年8月20日から5日間にわたって行われた、岩手県立大学の夏期集中講義「enPIT:PBL基礎システムデザイン実践論」へ日本ライフレイも協力参加しました。

2018年8月20日から24日までの5日間で開催された、岩手県立大学のenPIT夏期集中講義『PBL基礎システムデザイン実践論』へ、わたしたち日本ライフレイも協力企業として参加しました。


enPITとは、文部科学省による事業のひとつで、情報技術を活用して、社会の具体的な課題を解決できる人材を育成するため、複数の大学と産業界による全国的なネットワークを形成し、実際の課題に基づく課題解決型学習等の実践的な教育を実施・普及することを目的としています。

より詳しくは、 enPITウェブサイトをご覧ください。


今回の実施された『PBL基礎システムデザイン実践論』では、滝沢市の馬っこパークいわてを舞台に、人間中心デザインを取り入れた「問題発見・問題解決」を行うため、地域の連携企業4社(㈱イーアールアイ・東京システムズ㈱・日本ライフレイ㈱・㈱ぴーぷる)の保有テクノロジーを用いて、学生がアイデアを提案。実際に企業で働くシステム開発者と学生がチームを組み、設計から制作の実践的な一連の流れを体験しました。



岩手県立大学のソフトウェア情報学部と一関工業高等専門学校制御情報工学科の学生計29名が参加し、最終日には各チームの成果について、ショートプレゼンテーションとポスターセッションが設けられ、学生ならではのサービスアイディア(課題解決手法)が発表されました。



日本ライフレイは昨年も、東北オフィスとして入居している滝沢市IPUイノベーションセンターの協力のもと同大学の講義に協力しており、学生たちのIT教育を支援できること、また彼らから刺激をもらえる機会は貴重と考え、今年も参加に至りました。

こうした地域の取り組みをサポートすることは、ライフレイの企業ミッション:『世界中の人々が持つポテンシャルを最大限に引き出し、より良い未来を創造する(Make it possible for people to reach their full potential to serve others.) 』にも通じていると考えています。わたしたちが持つ技術やナレッジ、リソースを地域のコミュニティや教育現場へ還元し、彼らの未来の発展へつなげていくことも我々の使命のひとつです。


今回のenPITへの参加についての詳細レポートはライフレイのブログにてご覧いただけます。

Liferay, Inc.について

Liferayは、Web、モバイル、その他あらゆるデバイスを通したデジタル体験を創造するソフトウェアを提供しています。Liferayのプラットフォームはオープンソースがもたらす革新性と合わせ、高い信頼性とセキュリティを兼ね備えています。我々は、ビジネスとテクノロジーによって、世界に優れた足跡を残すことを目指し日々活動しています。Liferayは、金融サービス、医療、政府機関、保険、小売、製造業および、その他の複数の業界で何百もの組織に導入されています。詳細はliferay.comをご覧ください。

 

Contact

本リリースに関するお問い合わせ:
日本ライフレイ株式会社
[email protected]
Twitter: @LiferayJapan